つよくなるブログ

その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

Node.js のプロセスマネージャー PM2 でよく使うコマンドまとめ

PM2 でよく使うコマンドのメモ.

pm2.keymetrics.io

list

$ pm2 list

PM2 を使って管理しているプロセスの一覧がみれる.

show

$ pm2 show $APP_NAME

App Name を指定することで list より詳しい情報がみれる.

┌───────────────────┬──────────────────────────────────────────────────┐
│ status            │ online                                           │
│ name              │ app                                              │
│ restarts          │ 0                                                │
│ uptime            │ 6h                                               │
│ script path       │ /home/ubuntu/app/app.js                          │
│ script args       │ N/A                                              │
│ error log path    │ /home/ubuntu/.pm2/logs/app-error-0.log           │
│ out log path      │ /home/ubuntu/.pm2/logs/app-out-0.log             │
│ pid path          │ /home/ubuntu/.pm2/pids/app-0.pid                 │
│ interpreter       │ node                                             │
│ interpreter args  │ N/A                                              │
│ script id         │ 0                                                │
│ exec cwd          │ /home/ubuntu/app                                 │
│ exec mode         │ fork_mode                                        │
│ node.js version   │ 8.9.4                                            │
│ watch & reload    │ ✘                                                │
│ unstable restarts │ 0                                                │
│ created at        │ 2018-01-30T04:49:08.286Z                         │
└───────────────────┴──────────────────────────────────────────────────┘

logs

$ pm2 logs $APP_NAME

PM2 はデフォルト設定では $HOME/.pm2/logs/ 配下にログが格納される.

logs コマンドを使うと, わざわざ tail したりしなくて良い.

--watch

# pm2 start $APP_NAME --watch

App があるディレクトリ / サブディレクトリのファイルが変更されると

自動的にプロセスを再起動する.

※ --watch での再起動は graceful ではないので注意.

gracefulReload

$ pm2 gracefulReload $APP_NAME

稼働中のプロセスを正常に(処理が終了してから)終了して再読込する.

save

$ pm2 save

PM2 で管理しているプロセスを起動時に立ち上がるように保存する.

/home/$USER/.pm2/dump.pm2 にどんな内容で立ち上げるかが保存される.

内部的には環境に応じた init システムを検出して登録している.

    var hash_map = {
      'systemctl'  : 'systemd',
      'update-rc.d': 'upstart',
      'chkconfig'  : 'systemv',
      'rc-update'  : 'openrc',
      'launchctl'  : 'launchd',
      'sysrc'      : 'rcd'
    };

github.com

調べてもわからなかったこと

$ pm2 start pm2-config.json --env production

↑ で起動した時に, あとから --env に指定した内容を確認する方法.

質問してみたので, わかりしだい追記予定.

github.com