めんどくさいより速くいけ

その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

LINE Developer Meetup で「Messaging API の活用最前線」という発表してきた

「LINE Developer Meetup in Kyoto#26」で発表をしてきた!

line.connpass.com

発表資料

タイトルは「Messaging API の活用最前線」

最初は「~~~による Messaging API 活用事例」という感じのタイトルだったのを

社内メンバーから「長くて弱気」とフィードバックもらったので,「シンプルで強気」なタイトルに変更してのぞんだ.

speakerdeck.com

感想 / 補足など

実際に LINE Bot を"作った経験がある人"と"興味はあるけどまだ作ったことない人"が50:50ぐらいかなと予想し

  1. ボットはオウム返し以外にも活用の方法があると感じて(作りたくなって)もらうこと
  2. 実際にボットを作っていくとぶち当たる(かもしれない)壁の攻略方法

を伝えることを意識した.

セッションの最初に「ボット作ったことある方どれぐらいいますか?」と質問したところ 40~50%ぐらいの方が手を上げてくれて, 読みが当たったなと心のなかでガッツポーズしていた!

ジョークとして仕込んだ自分の LINE Bot を作っていったくだりが, あまりウケてなかったのは改善していきたい. ( 終了後にメッセージくれた方がいたのはすごく嬉しかった!)

他セッション

サーバーレスアーキテクチャでLINE BOTの商用サービスを作った話 / @UniOce

www.slideshare.net

感想

ボット開発はシステム実装だけでなく, ボット(のキャラクター)とユーザーとのコミュニケーションをどう築いていくかが重要.

大きめのアーキテクチャ図で全体構造を見せて, 今ここの話ですとやっていくスタイル真似したい.

チャットボットの定義と設計 / @uta_tti

www.slideshare.net

感想

新しく出てきた技術は人や立場によって定義が異なる( 出始めの頃のクラウドとかサーバーレスとか )ので, 定義決めて話すのは大事.

プレゼン中に何が起きても, 最後まで突き進んでいくハートの強さが光っていた.

【LINE APIの新機能を使った栄養士Botのライブデモとその裏側解説】 / @nkjm

( 資料探し中 )

感想

LINE Pay と連携してボット内だけでユーザーのストレス無く, フリーミアムを確立させてしまうのは驚きだった.

この形でビジネスをやる企業が増えていきそう.

まとめ

いつもと違う場所(京都!)で違う立場(聴講者ではなく発表者)で

イベントに参加できたのはとても新鮮で刺激的だった!

アウトプットを増やしていく1年にすると決めて, 1月から登壇できたのでこのまま失速せずに継続していきたい.