つよくなるブログ

その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

ffmpeg の Static Build を Linux 環境に導入するワンライナー

TL;DR

gist.github.com

解説

ダウンロード

$ wget https://johnvansickle.com/ffmpeg/releases/ffmpeg-release-64bit-static.tar.xz

展開用のディレクトリ作成

$ mkdir -p ffmpeg-static

1階層目のディレクトリを削って, 展開用ディレクトリに解凍

$ tar xvf ffmpeg-release-64bit-static.tar.xz -C ffmpeg-static --strip-components 1

ffmpeg-release-64bit-static.tar.xz を解凍すると ffmpeg-3.4.1-64bit-static というようにビルドバージョンを含んだディレクトリ名になるので, 1階層目を削って(名前を固定するために)展開用ディレクトリを対象にして解凍する.

コマンドとして使えるように移動

$ sudo mv ffmpeg-static/ff* /usr/bin/
ffmpeg
ffmpeg-10bit
ffprobe
ffserver

関連するコマンドもあわせて移動して完了.