つよくなるブログ

その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

LINE Developer Meetup で「Messaging API の活用最前線」という発表してきた

「LINE Developer Meetup in Kyoto#26」で発表をしてきた!

line.connpass.com

発表資料

タイトルは「Messaging API の活用最前線」

最初は「~~~による Messaging API 活用事例」という感じのタイトルだったのを

社内メンバーから「長くて弱気」とフィードバックもらったので,「シンプルで強気」なタイトルに変更してのぞんだ.

speakerdeck.com

感想 / 補足など

実際に LINE Bot を"作った経験がある人"と"興味はあるけどまだ作ったことない人"が50:50ぐらいかなと予想し

  1. ボットはオウム返し以外にも活用の方法があると感じて(作りたくなって)もらうこと
  2. 実際にボットを作っていくとぶち当たる(かもしれない)壁の攻略方法

を伝えることを意識した.

セッションの最初に「ボット作ったことある方どれぐらいいますか?」と質問したところ 40~50%ぐらいの方が手を上げてくれて, 読みが当たったなと心のなかでガッツポーズしていた!

ジョークとして仕込んだ自分の LINE Bot を作っていったくだりが, あまりウケてなかったのは改善していきたい. ( 終了後にメッセージくれた方がいたのはすごく嬉しかった!)

他セッション

サーバーレスアーキテクチャでLINE BOTの商用サービスを作った話 / @UniOce

www.slideshare.net

感想

ボット開発はシステム実装だけでなく, ボット(のキャラクター)とユーザーとのコミュニケーションをどう築いていくかが重要.

大きめのアーキテクチャ図で全体構造を見せて, 今ここの話ですとやっていくスタイル真似したい.

チャットボットの定義と設計 / @uta_tti

www.slideshare.net

感想

新しく出てきた技術は人や立場によって定義が異なる( 出始めの頃のクラウドとかサーバーレスとか )ので, 定義決めて話すのは大事.

プレゼン中に何が起きても, 最後まで突き進んでいくハートの強さが光っていた.

【LINE APIの新機能を使った栄養士Botのライブデモとその裏側解説】 / @nkjm

( 資料探し中 )

感想

LINE Pay と連携してボット内だけでユーザーのストレス無く, フリーミアムを確立させてしまうのは驚きだった.

この形でビジネスをやる企業が増えていきそう.

まとめ

いつもと違う場所(京都!)で違う立場(聴講者ではなく発表者)で

イベントに参加できたのはとても新鮮で刺激的だった!

アウトプットを増やしていく1年にすると決めて, 1月から登壇できたのでこのまま失速せずに継続していきたい.

Node.js 6系と8系の LTS でパフォーマンス比較してみた

Node.js 8.9.0 が LTS としてリリースされて数ヶ月がたち

そろそろ実戦投入していきたいのでパフォーマンスを計測/比較してみた.

実行環境

  • AWS EC2 m3.medium インスタンス
  • Ubuntu 16.04.3
Node.js
  • 6系 - 6.12.3
  • 8系 - 8.9.4

ベンチマークコード

シンプルに json を返すだけの処理で実施.

var http = require('http');

http.createServer(function (req, res) {
    res.writeHead(200, {'Content-Type': 'application/json'});
    res.write(JSON.stringify({result: 'success'}));
    res.end();
}).listen(8080);

github.com

パフォーマンステストの方法

  • Apache Bench を使用
  • 10万リクエスト
  • 並列数を変えながら(10 ~ 5000), かかった時間を計測
  • 各並列数で3回実行した平均値を計測値とする
 ab -n 100000 -c 5000 http://ec2-xxx/

途中で Too many open files が出たので ulimit -n 10240 で上限値を増やした.

結果

f:id:morugu:20180121170002p:plain

f:id:morugu:20180121170015p:plain

まとめ

平均で 14%のパフォーマンス向上 が確認できた.

実戦投入に向けて

  • Cluster を使用
  • 重い処理
  • DBアクセス
  • シナリオテスト

あたりの検証もしていきたい.

おまけ

「なんで速くなってるの?」というところで

Node.js 本体とその実行環境である V8 JavaScript engine が改善されているからなのだけど

それらが具体的にどう改善されたかわかるまとめ.

(このあたりのコードを読んだ解説記事も書きたい)

http: improve outgoing string write performance by mscdex · Pull Request #13013 · nodejs/node · GitHub

lib,src: improve writev() performance for Buffers by mscdex · Pull Request #13187 · nodejs/node · GitHub

querystring: improve querystring unescapeBuffer perf by jseijas · Pull Request #12525 · nodejs/node · GitHub

stream: improve readable push performance by mscdex · Pull Request #13113 · nodejs/node · GitHub

v8project.blogspot.jp

react-native run-* で error during initialization or failure to call AppRegistry.registerComponent の対策

エラーログ

APP_NAME has not been registered.
This is either due to a required() error during initialization or failure to call AppRegistry.registerComponent

対策

node プロセスが干渉しているので kill する.

$ ps aux | grep node
$ sudo kill -9 PROCESS_ID

参考

https://github.com/jhabdas/react-native-webpack-starter-kit/issues/30#issuecomment-180838137

react プロセスのパターンもあるみたい.

react−nativeの最初につまずいたところメモφ(。_。 ) - Qiita

input type="file" accept で .m4a 形式のファイルをデフォルトの選択対象にする場合は audio/x-m4a を使う

タイトルが本文.

実現したかったこと

<input type="file">

でデフォルトでは .m4a 形式のファイルだけを選択対象にする.

.m4a とは

非圧縮ファイル(WAVやAIFF)を音質の劣化なく70%から50%程圧縮する。通常はQuickTimeのMOVファイル(.mov)かMP4ファイル(.m4a)に格納される。

ロスレスで50%サイズダウンすごい.

試したこと

素直に <input type="file" accept="audio/m4a">

-> 全てのファイル形式が対象になる: ☓

あ, m4a は mp4 ベースの拡張だから <input type="file" accept="audio/mp4">

-> .mp4 が対象になる: ☓

-もう <input type="file" accept="audio/*"> で妥協しよう

-> ☓

結論

<input type="file" accept="audio/x-m4a">

なぞは残る

Media Types

developer.mozilla.org

あたりを探しても関する情報はなく...

help.dottoro.com

に audio/m4a の Aliases として audio/x-m4a があったので試してみたらいけた.

現行の Chrome 63 と Safari 11.0.2 では実現できた.

Web 標準ではないけど各ブラウザが実装している..?

優先度は高くないので, 時間あるときにでも調べていきたい.

React Native で実行対象の Android デバイスを選択してビルドする

blog.morugu.com

↑を乗り越えた後に, emulator を起動しつつリアルデバイスも繋いだ状態で

react-native run-android したところ emulator が優先された.

なので明示的に実行対象を指定する方法.

実行可能な一覧を取得

adb devices で使用可能な( adb サーバに接続された ) emulator/device が表示される.

$ adb devices
List of devices attached
adb server version (39) doesn't match this client (36); killing...
adb E 54586 8413562 usb_osx.cpp:147] Unable to create an interface plug-in (e00002be)
* daemon started successfully *

emulator-xxxx   device
xxxxxyyyyy      device

emulator-xxxx はその名の通りなので, 実機ビルドしたい場合は xxxxxyyyyy の方をコピーしておく.

実行

react-native run-android --deviceId xxxxxyyyyy

--deviceId で対象を指定. 以上!

参考

https://facebook.github.io/react-native/docs/running-on-device.html

http://android.keicode.com/devenv/what-is-adb.php